ケアマネージャーのための介護認定の手続き

第1号被保険者と第2号被保険者の違い

第1号被保険者と第2号被保険者の違い

第2号被保険者が申請ができるのは限定されます。

 

被保険者(保険を受けられる人)には、
「第1号被保険者」と「第2号被保険者」がいます。

 

介護認定の申請ができる第2号被保険者は、
国が定めた特定疾患の患者でなければなりません。

 

 第1号被保険者: 市町村に住所を有する満65歳以上の者

 

 第2号被保険者: 市町村に住所を有する満40歳以上65歳未満の医療保険加入者

 

 特定疾病: がん(がん末期)、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、後縦靭帯骨化症、
      骨折を伴う骨粗鬆症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、
      初老における認知症、パーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)、
      脊髄小脳変形症、脊柱管狭窄賞、早老症(ウエルナー症候群)、
      多系統萎縮症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、
      脳血管疾患、慢性閉塞肺疾患、両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症