ケアマネージャーのための介護認定の手続き

要介護認定・要支援認定申請書

要介護認定・要支援認定申請書

要支援・要介護認定の申請は、「要介護認定・要支援認定申請書」を
自治体の介護保険担当窓口へ提出する事によって行なわれます。

 

要介護認定・要支援認定申請書は、介護認定を受けるための申請書で、
新規の認定の申請、更新の申請、区分変更の申請全て同じです。

 

ケアマネージャーとして仕事をしていると、
特に居宅介護支援事業所のケアマネであれば、更新申請は毎月のようにあるので、
申請書の書き方をきちんと覚えておくことが必要です。

 

「要介護認定・要支援認定申請書」は、
自治体の役所の介護保険担当窓口でもらうことができます。

 

また、自治体のサイトからダウンロードできるところも多くなっています。

 

多くの居宅介護支援事業所が、1枚だけ貰い、それをコピーして使っているようです。

要介護認定・要支援認定申請書を記載するときの注意点

申請年月日: 申請年月日は、記入する日ではなく、提出する日を記載します。

 

本人との関係: ケアマネージャーが記入した場合は「担当ケアマネ」と記載し、
       ご家族が描いた場合は、「本人妻」や「長男」というように記載します。

 

提出代行者名称: 提出代行者名称の欄は、提出を代行した者の事業所名を記入します。

 

電話番号: 利用者本人が提出する場合は、利用者の自宅の電話番号、
     ケアマネージャーが提出する場合は「勤務先・携帯」の欄に、
     勤務先の事業所の電話番号を記載します。

 

     訪問調査に立ち会うかどうか、確認の連絡が来るので、
     訪問調査の際の連絡先を記載します。

 

被保険者番号: 新規の場合は空欄。
        更新や区分変更の場合は、
       介護保険証に記載されている被保険者番号を記入します。

 

現在滞在している住所: 病院に入院していたり、施設に入所している場合は、
           その施設等の住所を記載します。

 

主治医: 主治医の氏名、最新受診日などを記入します。
     入院中の場合は、最終受診日は未記入でもOKです。
     後日、この部分に記載された病院に、主治医の意見書の依頼が行きます。

 

介護保険施入所の有無: 介護老人保険施設に入所中の場合は、
           その施設等の住所や名前を記載します。

 

第2号被保険者の場合: 第2号被保険者の場合は、この記入欄に記載します。
            医療保険証も提示して提出します。

 

本人氏名: 本人氏名欄は、ケアマネージャーの代筆は不可能です。
      本人もしくはご家族に署名してもらうようにします。