ケアマネージャーのための介護認定の手続き

有効期間と認定の更新

有効期間と認定の更新

認定には有効期間があり、有効期間が切れると、
新たに認定の申請をしなければ介護保険が利用できなくなります。

 

ですから、有効期間が切れる前に、
認定審査の申請を行ないます。

 

この申請を「認定の更新」といいます。

 

認定の更新は、「要支援・要介護認定申請書」の提出によって行ないます。

 

更新の申請は、利用者本人でもできます。

 

ですが、担当のケアマネージャーが代行申請するのが一般的です。

 

ただし、ケアマネージャーは、きちんと利用者さんと契約を結ばないと、
利用者さんの個人情報を扱うことが出来ません。

 

ですから、認定の更新代行は出来たとしても、まだ認定を受けていない人の
新規の認定申請の代行はできません。

 

しかし、利用者さんやご家族が、たとえば心身に障害があり、
外に出るのが難しいなどの何らかの事情があり申請の代行を希望した場合、
ケアマネージャーが新規の認定の申請をするのもやむなしという場合もあるでしょう。

 

ですが、新規の申請は、介護保険制度できちんと認められているものではありません。

 

もし、介護認定を請けていない人や、
以前に認定を受けたことがあるけれど有効期間が切れてしまっている人から
担当ケアマネージャーになってほしいと依頼を受けた場合も、
役所の介護保険担当窓口に行き、認定を申請を提出してもらい、
きちんと介護度が付いてから改めて依頼に来てもらうようにすると良いと思います。